5月25日 人手不足に対処した 外国人材の活用について

日本政策金融公庫池袋支店・板橋支店
東京都行政書士会豊島支部による共催

本格的な人材不足を迎えた日本で外国人材の活用が急務となっています。
多くの企業は外国人材を単なる労働力としか見ていない現状があります。

しかし、それでは彼らの力を十分に活かしているとは言えません。

外国人材の持つ力を有効に活用し業績を向上させる術を、実際に外国人材を活用し業績を伸ばし続けている東京都行政書士会豊島支部長・近藤先生がお伝えします。

【スケジュール】
平成30年5月25日(金)
14:00~16:00(受付13:30~)

【第一部】
講演内容:「外国人雇用」が中小企業を発展させる~外国人の上手な活用について~
講師紹介:東京都行政書士会豊島支部長 行政書士法人KIS近藤法務事務所代表  近藤 秀将 先生

【第二部】
日本政策金融公庫制度説明
質疑応答、個別相談会 (15:30〜16:00)
※個別相談会では、東京都行政書士会豊島支部所属の行政書士が無料でお悩みにお応えします。

【お申込み方法】
必要事項をご記入の上、下記の方法でお送りください。

必要事項:

貴社名(要ふりがな)
ご連絡先(ご住所、電話番号、メールアドレス等)
ご参加者名
業種
個別相談のご希望

FAX:03 –3985 – 0703
郵 送:〒170-0013
東京都豊島区東池袋1-24-1 ニッセイ池袋ビル9階
日本政策金融公庫 池袋支店 中小企業事業 行

締切:5月18日(金)
参加費:無料

この記事を書いた人